きなりをちゃんと飲んだのに血圧が下がらない原因は?

きなりの血圧に対する効果の疑問

 

青魚の血液サラサラ成分を凝縮したきなりサプリメントを飲めば高めの血圧が下がるかもしれないと効果を期待してきなりを飲み始めてみたが、実際は期待したほど血圧の数値が下がらなくてがっかりしたという人も中にはいると思います。

 

このようにきなりをお試ししてみて血圧が下がらないという場合にはあと少し続けてみると効果が表れるかもしれません。

 

血圧が下がらなかったという人の話を聞いてい見ると往々にしてきなりサプリを試した期間が短いです。

 

きなりを飲み始めてからの血圧の推移

 

きなりのような健康サプリメントの場合は最低3ヶ月は飲み続けないと効果は実感できないと思います。

 

はやい人だと1ヶ月程度で効果が出たという場合も稀にあるかもしれませんが、ほとんどの場合はきなりを飲み始めて2~3ヶ月程度経過してから効果を実感し始める人が圧倒的に多いと思います。

 

私の場合もきなりを試し始めて3ヶ月目を経過したあたりから血圧が徐々に下がり始めたように記憶しています。

 

きなりは即効性を期待するモノではなくあくまでも足りない魚の栄養を補ってくれる食品

きなりは魚不足を補う目的

 

きなりに限らずこういった健康サプリメントは即効性を求めるのではなくある程度の期間は飲み続けることが大切です。

 

医薬品でもない限り効果が急激に表れる方が怖いわけで、サプリメントは普段の食事で足りない栄養素や健康を補助してくれるくらいの感覚で飲むほうが気が楽でいいと思います。

 

薬は即効性がある分、副作用も強いので長期継続は難しい面があります。

 

きなりはDHA・EPA、アスタキサンチンなどの天然成分しか配合していないので、長期にわたって飲み続けることで血液をサラサラにして血圧を下げる効果が期待できます。

 

血圧計で毎日しっかり血圧コントロール

 

きなりサプリは血圧が130とちょっと高めの方でこれからの血圧上昇が心配な方が飲むのが一番効果が出やすいと思います。

 

血圧の数値が160とかあまりにも高いと食生活の改善だけでは追いつかないので病院を受診することをおすすめします。

 

きなりDHAサプリは長く続けることで効果が出てくる

 

きなりのようなサプリメントは即効性はありませんが副作用が少ないため長期間にわたって飲み続けるられるというメリットもあります。

 

きなりの血圧を下げる効果を過度に期待してしまうと効果がすぐに表れるのを期待してしまうためせっかくいいサプリメントでも本当の効果を実感する前に止めてしまうという勿体ない事になりかねません。

 

きなりを試して血圧が下がらないという方はたぶん飲み始めて1ヶ月程度で効果を判断しているケースも多いと思います。

 

そういった即効性を求める方にはきなりサプリメントは合わないと思います。

 

じっくり腰を据えて飲み続けて食生活の改善と一緒にきなりサプリで相乗効果を期待するぐらいがちょうどよいでしょう。

 

きなりでしっかり血圧コントロールして血管を若々しく!!
きなりの公式販売ページはこちら ⇒

 

きなりは魚の良質な脂を効率的に摂取することで高血圧や動脈硬化を予防

DHAで動脈硬化予防

 

かつ丼やカツカレーなどの脂っこい食事や肉類に偏った食事は血中のコレステロールを増やすのでそれがゴミとして血管の壁に蓄積してしまいどんどん血管内部が酸化した脂で汚れてしまいます。

 

放ってくと血管内部が錆びて老朽化した水道管のような状態になってしまうので体に様々な悪い影響を及ぼします。

 

その一つが血圧の上昇です。

 

汚れて内腔が狭くなった血管はしなやかさがなく硬い状態なので血流の勢いを吸収できずに受け続けてしまうのでどんどん血管が傷つき動脈硬化が進行していきます。

 

きなりで血管のしなやかさを回復

 

すると硬くなった血管のせいで全身に血液を送り出すのにパワーがいるので心臓はもっと強い力で血液を送り出そうとして血圧が上がります。

 

この状態が長く続くと高血圧症を発症してしまいます。

 

高血圧になるとますます血管が傷つきやすくなるのでまた動脈硬化が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

 

血管の健康を保つには脂っこい食事や外食はできるだけ控え、サバやサンマやイワシなどの青魚をよく食べることが大切です。

 

青魚には血管を綺麗にするDHAとEPAが豊富に含まれていて血液を固まりにくくする作用があるので血液循環が改善されて血圧を下げることが出来ます。

 

昔は魚が食卓に並ぶのは当たり前の光景でしたが、年々外食文化が浸透してきてどんどん食の欧米化が進行するにつれて日本の食卓から魚料理が減ってきています。

 

その影響もあって日本人の魚の摂取不足は深刻で、一日に必要とする量に大部分の日本人が達していないのが現状です。

 

そういった現状にいち早く目をつけた民間企業が魚の摂取不足を解消するために様々な商品を開発しています。

 

その一つがコンビニや大手スーパーなどで最近よくみかけるようになったファストフィッシュです。

 

サバの味噌煮やサケの塩焼きが家庭で調理することなく手軽に食べることが出来ます。

 

ファストフィッシュはすでに味付けが完了していて骨も全部抜いてある加工食品なので家で温めるだけですぐにたべることができるという便利さが今忙しい主婦の間で人気を集めています。

 

セブンなどのコンビニで手軽に買えるので一度は利用したことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

わたしも単身赴任で一人暮らしなのでよくお世話になっています。

 

あと魚不足を解消する手助けになるもう一つの方法がきなりのようなDHAサプリメントです。

 

これは魚の脂から抽出したDHA・EPAをサプリメントの1粒にギュッと凝縮した商品で手軽に血液サラサラ成分の魚の脂をサプリで摂取できるという画期的なサプリメントになります。

 

きなりサプリなら魚を食べるよりも効率的に魚の栄養を摂取できるので動脈硬化が気になる中高年層をメインの客層として今ネットで急速に売り上げを伸ばしています。

 

魚を調理するのが苦手だったり嫌いだという方はきなりのようなDHAサプリメントを利用することで血管の健康を取り戻し血圧を下げることができます。